「梅酢使用の小鯛のささ漬け65g」


「梅酢使用の小鯛のささ漬け65g」

小浜市から 車を2~30分ほど走らせた所に 県内屈指の梅の産地があります。その三方梅は福井梅と呼ばれ 天保の頃から受け継がれてきたそうです。
梅酢は 梅干しを作る時に自然に出てくる液体で、クエン酸やりんご酸、またポリフェノールを多く含んでいる事は 広く知られています。
この夏バテに効果のあるクエン酸、りんご酸、抗酸化力の高いポリフェノールをたくさん含んでる事に目をつけ なんとか『小鯛の笹漬け』に利用できないかと思い、三方地区の ある梅農家から『梅酢』を分けて頂きました。
梅酢には 梅を塩漬けにして始めて出る「白梅酢」と赤紫蘇を入れてから出る「赤梅酢」があり その「赤梅酢」を使って 試行錯誤を繰り返し、この度初めて『梅酢使用の小鯛笹漬け』を作り上げました。
勿論 無添加、無保存料で合成着色料も使っていない身体にやさしい自然食品です。
(梅酢の赤い色は赤紫蘇から出る自然食品です。)
本来の『木五商店の小鯛の笹漬け』との違いを上げるとすれば、
  1. 抗酸化作用が強く より長持ちする。
  2. 食感にモチモチ感が出てくる。
  3. ほのかにかおる梅の香が 食欲を増進する。
の3点です。


銀座すし栄の5代目 倉田様のブログから


無添加、無保存料の自然食品でございまして、お味見いたしましたところ、確かにモチモチ感はございますし、梅の香りがきつ過ぎず、味も濃過ぎず、
銀座すし栄でも使わせていただこうかな? と思わせる見事な仕上がりでございます。


http://www.kigo.biz/