美餐づくし「恋衣」


美餐づくし「恋衣」

美餐づくし「恋衣」
『美餐』とは中国語で「御馳走」 という意味です。大切な方への贈答品として、贅沢にも木五商店お薦めの三品を箱詰めしたのが、「恋衣」です。
小浜出身の歌人 山川登美子は与謝野鉄幹に恋心を抱きつつ、同門の与謝野晶子も鉄幹に恋心を寄せていると知ると、自ら身を引きました。
“それとなく紅き花みな友にゆずり、そむきて泣きて忘れ草つむ” そんな登美子の奥ゆかしい女心をイメージして名付けました。
「恋衣」とは登美子が晶子らと作った合同歌集のタイトルです。
上品な味に舌鼓を打ちながら、若狭小浜を感じていただけたら幸いです。 
http://www.kigo.biz/